安眠ベッドは選び方、デザインにこだわる

ベッドはいつでもあなたに安眠をくれる、素敵な家具

  • ベッドは、いつでもごろんと横になれる空間。仕事から疲れて帰ってきた会社員を優しく包み込み、風邪で寝込んでしまった人を抱擁してくれる、まるで母のように落ち着いていて優しい家具、と言えるでしょう。選び方の一つに、眠る人が安眠できることが挙げられますが、やはり安眠なくして良いソファの選び方は語れないでしょう。
    部屋が散らかっていても、寝れるスペースがあるといつでも休め、長時間過ごすとこですね。

    でも、場所を取るのが難点。そんなときは選び方として二つの機能を持ったソファベッドもお勧めです。また、折りたたみベッドの場合、開閉が電動でできるベッドなら、お年寄りでも力が必要ないので扱いやすいかと思います。

デザインで選ぶ

お部屋に置くベッドも大切なインテリア。頻繁に買い換えるものではないので、出来るだけ選び方に気を付けて気に入ったデザインで、永く愛用したいですよね。
 

ベットの利点

  ホコリとダニ
お部屋のホコリは下にたまります。ベットで寝ることにより、床より高くすることで、寝ているときに、ホコリやダニを吸う量を減らすことができ、喘息などやアレルギー持ちの人にはお勧めです。

日々のお掃除時に、ベッドの上のお布団にも掃除機をかけるといいですよ。ダニにも効果有り。デザインにこだわった選び方ばかりに注意するのではなく、きちんとお手入れもしてあげましょう。選び方にもよりますが、もともと防菌加工されているタイプはカビがはえにくく、虫もよりつきにくいらしいです。
立ったり起きたりが楽
選び方のポイントはやはり他の家具との高さ。高さは、お好みにもよりますが 45センチ前後ぐらいです。椅子の高さぐらいとお考えください。 立つ時体の負担を少なくします。

お布団の上げ下げをしなくてもいい
お年寄りに優しい選び方、それは腰痛に気を遣ったベッドを選ぶこと。腰痛持ちの方、お年寄りとってベッドの上り下りは大変なのです。

デザインにこだわった選び方だけでなく、寝る人のことも考えた選び方を心がけましょう。 しかし、定期的にお布団の乾燥はしてください、カビ発生の原因になります。カビはベッドのデザインを著しく下げてしまうので要注意。
 

キャビネット付きベット

枕元に棚の付いているベッドをチョイスするのも賢い選び方です。メガネや携帯電話・読みかけの本などを置くことができるので、ちょっとした棚があると便利です。

照明付のタイプもありますので、暗い寝室でもお手洗いに行く際など、足元の安全を確保できます。

引き出し付きベット

  • 寝室にベッドを置くと、かなりのスペースをベッドに占領されてしまいます。せっかく格好いいデザインなのだからスペースも有効に使いたいもの。収納付のベッドがありますので、ベッド下のデッドスペースも大活躍です。デザインに執着した選び方ではこういった部分に気づかないもの。デザインだけでなく収納面でも機能的なのですね。

    引き出しは左右どちらでも取り付けていただくことができますので、お部屋の間取りに合わせて取り付けるのが賢い選び方でしょう。
寝心地
  1. ベッドやソファの賢い選び方はマットレス、クッションと限られた選び方をするのではなく、デザインやベッドの利便性に寝なれた布団という組み合わせがベターです。 布団を敷くタイプの畳ベッド、また布団とマットレスの両用できるものすのこベッドなどお好みの寝心地でベッドを選んでいただけます。
お掃除がしやすい
  • デザインや選び方に気を取られて意外と知られていない、ベッドの下の世界・・・。 あなたのお部屋のベッドは大丈夫ですか?
  • ベッド下のお掃除をついつい怠ってしまうと、ホコリとゴミが溜まってしまいます。そうするとダニなどが発生しやすくなり、健康によくありません。

    掃除機で吸い取り、モップなどで拭き掃除をしましょう。 そのために、 小まめにお掃除がしやすいように、脚タイプのベッドやBOXタイプのベッドは引出をはずしてお掃除がしやすいデザインをお選びいただくことをオススメいたします。

    どんなにデザインに優れたベッドでも、ダニやホコリだらけでは魅力的ではありません。部屋にあったデザインを購入して、よりお洒落を演出するようにしましょう。

    あなたのご家庭のベッドの下、もう一度ご覧になって、 毎日快適に気持ちよく、睡眠をお取りください。

Last update:2017/2/16